※このサイトはホームページビルダーを利用しPC仕様で作成しています。
最終更新日令和2年11月23日(勤労感謝の日)








ペンネーム山本幸恵(やまもとさちえ)のページ


山本幸恵は「まちに、もっと、記念日を。」

「姉妹都市提携の推進」を提案します!





【児童文学作家の山本幸恵のページへようこそ】


  こんにちは、犬の置物の「坂本リョウマ」の物語を書いている山本幸恵です。私のホームページへようこそお越しくださいました。山本幸恵(やまもとさちえ)という名前は本名ではなく、物語作家としてのペンネームなのですが、もうかれこれ8年くらい前に物語を構想し始めたころ、若くして亡くなった叔母の名前からインスピレーションを得て思いつきました。

 振り返ってみますと私はずいぶん以前から様々な社会問題に関心を抱いてきたのですが、私たち現代人は今とてつもなく大きな社会変動を目の前にしていると強く実感しています。そこで子供も大人も夢中になれる物語を書いて、誰もが夢や希望を抱ける文化財を創ったり、まちにもっと記念日を創ったりして、先の見通しが立たない混沌とした社会に一筋の明かりを灯していければと考えています。そして、コロナ禍や介護、子育てのために離職した人や、心や体の悩みを抱えている人、被災やいじめ、貧困で苦しんでいる人たちが、安心して働けるセイフティービジネスも構築したいと考えています。持続可能な人々の生活や地域・地球づくりのために、持続可能な文化資源を作りませんか。

 令和の坂本リョウマにあらゆる願いと希望を込めて。

 どうぞよろしくお願いいたします。


2020年11月8日(11月16日名前をさちえに訂正しました) 山本 幸恵




 
【山本幸恵の青空日記】


何となく、素材を作ってみました!の巻

 突然ですが皆様はご存知でしたでしょうか?日本で初めて新婚旅行に行ったとされる坂本龍馬と妻のお龍。民間として北海道開拓を夢見ていた龍馬の影響を受けて、妻お龍はアイヌ語を勉強していたと言われています。

 さて、下の写真は私の夫の写真ですが、昨夜、なにやら考え事をしている様子をコッソリ撮影しました。若い頃はイギリスのハリー王子やサイモンとガーファンクルのポールサイモン、髪の毛が長い時には坂本龍馬にも似ていたのですが、この写真は尊王攘夷派から日本を守るべく戦った、新選組の副隊長土方歳三に似てるかなあ・・・?と思います!

 私の生まれは坂本龍馬の子孫(甥)坂本直寛が入植した町なのですが、奇しくも江戸末期の幕府軍である新選組の旗と同じ「誠」という名の夫と、とても仲がいいんですヨ(#^^#)そこで共存共栄と心温まるヒーリング社会を目指して、坂本龍馬の亀山社中の紅白旗と新選組の「誠」の旗を合体させてみました!格好いい旗になったと思います(#^^#)みなさんの励ましに感謝いたします。

2020年11月22日 山本幸恵




 







  

密を避け、清潔で安心な社会システムの構築が急がれています。在宅でも出来る新しいソーシャルビジネスを北海道からはじめませんか?











市町村クリエイター・アーティスト協会設立準備室からのメッセージ】

心を一つにして大きな社会変動を乗り越えよう!私たちは文芸やアート、音楽が基盤の地域ルネサンスを提唱し、持続可能でクリーンな地域づくりを目指します!









 【山本幸恵 プロフィール】

「まちに、もっと、記念日を。」プログラムの提唱者。10年前より大きな社会変動を乗り越えるための物語を構想中。これからの目標は物語を書いてソーシャルビジネスの基盤を作ること。見えない障碍と体調不良がありますが軽いジョギング、ストレッチ、半身浴で自己管理中。

夢は色々な乗り物で日本や世界を旅すること、持続可能な地域と地球、動物愛護福祉の向上。趣味は小さな庭づくりと読書、観光地巡りです。





2017年夫の本間誠と。もう一度一緒に仕事をしたいと考えています(#^^#)!




誠のデッサン





児童文学作家 山本幸恵(市町村クリエイター・アーティスト協会設立準備室発起人)
〒061-1352 恵庭市島松仲町2丁目4-8 TEL/FAX 0123-37-3081Mail:izumi☆t-honma.com(送信時は☆を@に変更して下さい)



― Copyright (C) 2019-2020 市町村クリエイター・アーティスト協会設立準備室All Rights Reserved ―