市町村クリエイター協会設立準備室の基盤はこちらです
WFCデザイン株式会社研究室

   





このページは市町村クリエイター協会設立準備室のページです。


「私たちがつくる、いのちの未来、150年」

「まちに、もっと、記念日を」


私たちはアイヌ民族もクリエイターであると考えています。







命と環境に優しい新時代”を作るためのイベントを計画しました。






マラソン展示会アルバム見本
(説明書きはQRコードを添付したもの)


今現在は家にあったものだけですが、今後はみなさまからいろいろな切符、切手

ポストカードを寄付していただきたいと思います。



 

鉄道100年記念(時計台)、SL、北海道庁切符)



 





北の野生たちポストカード

海の日記念切手(1996年)





フェリー就航記念




1972年札幌冬季オリンピック

日本の歌シリーズ切手




国鉄バスとSLシリーズ


 


左:万国郵便連合加盟100年記念切手(1977年)
(現在の郵便制度のはじまりはイギリスです
)

「さようなら、ありがとう、お疲れさまでした」
JR北海道廃止線

右:国際文通週間記念切手(1996年)

台風19号被災者の皆様へお見舞い







【市町村クリエイター協会設立を目指して】



この度私たちは、

度重なる災害からの復興を成し遂げて、

あらゆるいのちが幸せな社会を実現するために、

市町村クリエイター協会設立準備室を立ち上げました。



私たちには、脳疲労による見えないハンデキャップがあります。

身体に力が入って文字が上手く書けない、話しがしにくい、

人の顏や名前をなかなか覚えられないなどの記憶障害もあります。

しかし福祉制度を受けていません。


そこで、私たちのように心や体にハンデキャップがあるけれど、

社会的援助を受けることが出来ずに困っていたり、

絶滅危惧種の保全活動や動物愛護福祉、

環境保護・気候変動対策、災害からの復興など、

さまざまな社会貢献を通じて

夢や希望が持てる仕事をしたいと考えている人はいませんか?



私たちと一緒に動物たちの物語を軸にして、

まちに色々な記念日を作ったり、

マラソン展示会のアルバムに載せる切符や切手、ポストカードを作りませんか?



あらゆる命が仲良く共存し、幸せになる場所を作っていきましょう。








私たちは2020年東京オリンピック・パラリンピックの代替案・サポート案としても機能し、

北海道から新しい時代を創造します。



市町村クリエイター協会設立準備室 

発起人:本間 いずみ、本間 誠







市町村クリエイター協会設立準備室


発起人の紹介



【作家、企画担当】

本間 いずみ


(ご覧になりたいかたはこちらからお入りください)


 

一歳半のころ、赤い耳のぬいぐるみと一緒に(#^^#)



運営、マネジメント担当】

本間 誠



苫小牧支出身、北海道綜合美術専門学校(北海道芸術デザイン専門学校)卒

美専を卒業後、父親の会社で借金整理、会計、版画制作手伝い。
2020年1月妻いずみと入籍、WFCデザイン株式会社の社長を退任。
3月1日からアルバイトとして復帰。


介護職の傍ら、妻を全面的にサポート。

温厚な性格で皆のまとめ役、周囲の信頼が厚い。

趣味はハッピーベジタリアンデーのための創作料理づくり、動物のデッサン、温泉



   

左の写真は小学生の頃。白猫のチロと(#^^#)



     


動物のデッサン









●●●ここから先は、文学作家HARUK0のページ●●●

市町村クリエイター協会設立準備室が出来るまでのストーリー



主人公は新坂本リョウマとミライです!











(coming soon...)


昔はこんな感じでした。
(ペンネームがSACHIEだった頃)





こちらはクールでちょっと大人っぽい。
動物憲法を考えたときくらいのイラスト。


全部可愛いですね♡

物語には経済思想学も盛り込みます。






最終更新日
2020年3月23日(月)

市町村クリエイター協会設立準備室(発起人:本間いずみ、本間誠)
〒061-1352
恵庭市島松仲町2丁目4-8
TEL/FAX 0123-37-3081

市町村クリエイター協会設立準備室の基盤はこちらです↓↓
   





このサイトはホームページビルダーを利用しPC仕様で作成しています。
― Copyright (C) 2008-2020 市町村クリエイター協会設立準備室All Rights Reserved ―